私の鑑定スタイル&最近お気に入りのカード【68久我先生】

電話占い相談という、声を通じてのふれあい。ふだんから信頼しておまかせしているものの、「今、先生はどんな風に占っているんだろう?」と気になるのが電話の向こうの「先生の鑑定姿」かもしれません。

クォーレにて長く活躍されている先生も、日々さまざまな努力を続けられています。
今回、お客さまから熱い支持を受け続ける久我先生が、ご自身の鑑定スタイルについてのエピソードを送ってくださいました。

先生からのお便り紹介

NO.68 久我 岬見先生(くがてるみ)

68_久我岬見

鑑定のスタイル

「どんなカードが出ているんですか?」
「何で占っているんですか?」
時々、こんなご質問を頂きます。
(私は占術のご説明をせずに占いを始めてしまうこともあり……申し訳ございません。)

特に占術のご指定がないご相談の場合、お客様ご本人や、関係する方の生年月日を万年暦で調べ、年・月・日の三種類の九星を書き出します。
生年月日を使う占い、「命術」を、私は主に気学傾斜法で鑑定します。

それから、ご相談内容に合わせて「卜占」をします。
タロットか易か、どちらを使うかは、お客様に特にお伝えすることなく、独自の判断で選んで用いています。
卜占は、偶然性、シンクロニシティ(共時性)が重要な占いです。どの道具を使うか?ということも、その瞬間の、占いの重要なファクターなのではないか?と考えています。

そして、出来る限り豊かにイマジネーションを働かせて、占い結果の「ひらめき」を言語化してお伝えしたい訳ですが……どうしても画一的表現になってしまいがち。日々、新鮮な言葉を選ぶのはなかなか難しい作業です。
そこで、脳内活性化のため、違う絵柄のタロットカードを使ってみたり、いろいろなオラクルカードやグッズを使って、占術として取り入れられないか?と試行錯誤を繰り返す日々です。

新たなお道具との出会い

そんな中、最近新たに、仲良く出来るようになった道具があります。
「ルノルマンカード」です。

img_1964

「ルノルマンカード」は、18世紀フランスで活躍したカード占いの名手・ルノルマン嬢に由来し生まれたと言われるカードで、ここ数年、欧米ではタロットカード以上にブームになっているそうです。
36枚で1セット、日常的で親しみやすい、犬や熊、指輪、花束、ハート、などの象徴が描かれたカードで、タロットと同じようにたくさんの種類が販売されていて、ネット上で検索するのも楽しいです。

img_1965

タロットと同じように並べて読みますが、「紳士」「淑女」の人物カードがあり、それを占うご本人として中心に置いてから展開していくのが特徴です。
カードの並び方で、人物のカードから「遠い」「近い」と表現したり、コンビネーションリーディング・組み合わせて解釈をしていく点も、特徴のひとつです。
絵柄に表される通り、日常に活かしやすい、具体的なアドバイスや答えを積極的に指し示してくれる、お友達のようなカードです。

img_1963

鑑定の際、いつの間にか「ルノルマンカード」で占っている時もありますので、どうぞご了承くださいませ。
そして、お楽しみに♪

久我先生のINFORMATION

得意な相談内容: 人間関係、仕事・適職、開運
使用占術:九星気学、タロット占い、易占い(周易)、風水、方位・家相ほか

おすすめ相談内容PICK UP【仕事・適職】
生年月日から個性、適性を調べてみましょう。
チャレンジしやすいタイミングや、才能を活かしやすい環境を選ぶと、気付いていなかった新たな道が開かれるかも。

NO.68 久我 岬見先生のプロフィール&スケジュール