あの音楽に隠された現代へのメッセージ【122鮎河リリサ先生】

本日お届けするのは、鮎河リリサ先生からのお便りです。
今回は”音楽の秋”にもぴったりな、あるクラシックの名曲が登場します。さてこの美しい作品の中にある、今だからこそ心に響くメッセージとは?リリサ先生のエピソードとともに、秋の夜長にじっくりと聴いてみてはいかがでしょう♪

NO.122 鮎河 リリサ先生(あゆかわりりさ)

あなたの人生に起きたことを運命学からとことん解明するもよし。あなたの秘めた願いの成就の道をご一緒に探すもよしです。占いとは善も悪も裁かずに心に寄り添うもの。お気軽にご相談下さい。

鮎河リリサ先生からのお便り紹介

【あの音楽に隠された現代へのメッセージ】

ちゃん♪ちゃあーん♪ちゃちゃんちゃんちゃーん♪ちゃん♪(←シューベルトの鱒のつもり)

曲の冒頭のピアノを活字にするとウザいぐらい意味不明です。

さて、シューベルトの「鱒」というと日本でも有名な曲ではないでしょうか。
ドイツでもこの歌曲は愛されており、作曲家のシューベルトは“歌曲の王”という称賛を得ています。

そしてこの曲では、現代人にも通じる重要なメッセージをシューベルトは残しています。

♪In einem Bächlein helle,Da schoß in froher Eil
Die launische ForelleVorüber wie ein Pfeil.♪

歌詞の一部ですが、簡単に日本語でこの歌を表現すると

綺麗な澄んだ川の中を鱒たちが元気よく泳いでいる。
漁師が釣ろうとしても、鱒たちは賢く、漁師の釣り針には引っかからない。
鱒よ賢く、健やかに泳げ。

鱒が釣れなくて腹を立てた漁師は。
おお!なんてやつだ、竿で川の水をめちゃめちゃにして濁らせた。
鱒たちは混乱している、漁師はずる賢く釣り上げようとしている。
鱒よ騙されないで。
(翻訳:リリサ鮎河)

美しい曲の旋律にのせてるわりに、歌詞は鰊御殿はオンボロロと対なすような内容です。

一見、のんびりとした牧歌的な歌詞ですが、とても重要なメッセージをシューベルトは歌に隠しています。

川の中の鱒は私達です。
漁師は悪意を持って私達を操ろうとする存在です。

私達は平穏な日々は冷静でいられます。
澄んだ川の中の賢い魚のように、足元をすくわれ釣り上げられないようにしています。
ところが、悪い噂で混乱させられると、私達は自分がどんなに賢いと思っていても
あっさりと騙され、つまり悪意のある者に釣り上げられてしまうのです。

そして、どんなに混乱させられ濁った水も、時がたてば再び澄んで来ます。
我々は悪意のある混乱のときこそ冷静に待たなければいけない、というメッセージをシューベルトは曲に込めているのです。

※というわけで、鱒のグリル
【鱒のグリルのレシピ】
鱒の内蔵を取り、塩、胡椒、タイム、パセリ、味の素を全体にまぶす。
フライパンに多めのオリーブオイルを入れ、カリッと焼き上げる。
レモンを添えていただきます。

※映画シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(主演ロバート・ダウニー・Jr)のワンシーンで、モリアーティ教授が捕まえたホームズを“鱒”を歌いながら拷問する、歌の真の意味がわかるとものすごい演出である。

※天才ベートーベンは川魚のグリルのポテト添えが大好物。
かのフランス王妃マリーアントワネットも川魚のグリルが大好きなメニュウであった。

鮎河リリサ先生のINFORMATION

使用占術:タロット占い(インスピレーション)、宿曜占星術、四柱推命、奇門遁甲ほか
得意な相談内容:恋愛、人間関係、開運法

☆鮎河 リリサ先生 はこんなところがオススメ!
知識と経験に裏付けされた鮎河先生の鑑定は、なによりお客さまの気持ちが最優先。
いま一番知りたいこと、いま必要なことを感じ取るセンスの鋭さに定評があります。相手の気持ちや長期的な運勢、方角ほか、ひとつの質問に幅広いアドバイスがもらえるところも人気です。