「どのように鑑定されていますか?」占い師インタビュー

クォーレで人気の先生たちに、鑑定時のスタイルや占いの準備、大事にしていることなどを教えてもらいました。

占うときに必ずおこなっていることとは?
先生たちの、占いへの深く熱い想いとは?

それぞれの占い師が持つこだわりやオリジナリティ。
本日は、先生の魅力がたっぷり詰まったロングインタビューから人気占い師をピックアップ。
先生にうかがった「鑑定スタイルについて」をセレクションでお届けします。

★クォーレの先生に聞く「占いスタイル」

NO.120 アーヤ先生
使用占術:タロット占い(インスピレーション)、インスピレーション占い、九星気学ほか
得意な相談内容:人間関係、恋愛・結婚、仕事

「得意のタロットで悩みの核を見つけ、スピーディーに解決へ導く」

───クォーレのお客様にメッセージをお願いいたします。

若いころから、いろんな先生に助けられてきました。
ですから、占われる側の不安な気持ちはすごくよくわかるんですね。電話占いのいい点は、お顔が見えないからこそ本音を話しやすいところ。どんな内容でもどうぞ安心して、ざっくばらんに悩みを打ち明けてくださいね。

もちろん、最後に決断を下すのはご相談者さまですが、その決断を下すまでの過程で少しでもサポートする役割を果たせたら、と思っています。


NO.35 啓斗先生(けいと)
使用占術:タロット占い(インスピレーション)、西洋占星術
得意な相談内容:恋愛、人に話しづらい恋愛、仕事

「多角的な視点と分析力で、冷静に問題解決の糸口を見つける」

───対面・メール・電話、それぞれの鑑定でどのような違いを感じていますか。

面と向かって直接話す対面鑑定では、相談者さまが本音を話しづらい部分もありますよね。
メール鑑定はその逆で、言葉を尽くしてディープな悩みを打ち明ける方が多い傾向があります。

電話鑑定はちょうどその中間くらい。
時々、話しているうちにチャンネルがカチッと合う瞬間が訪れるんですよ。そうなったときは深くコネクトできている感触がありますね。それが電話鑑定のよさだと思います。

占いへの深い想いからプライベート情報までクォーレで人気の先生たちの魅力がたっぷり。
FACEスペシャルインタビューをぜひご覧になってくださいね。