「開運体質になる!」知っておきたい寺社マナー

年末年始になると、多くの人が訪れ賑わう神社やお寺。
寺社は私たちにとって、遠くまで足を運ぶことなく、身近な場所でも訪れることができる最も身近なパワースポットです。

1年を振り返りつつひとりでお気に入りの寺社に行くもよし、仲間や家族とおでかけを兼ねて和やかに訪れるもよし、古来から続く清浄な場から「運をおすそ分けしてもらう」という気持ちで訪れましょう。
運は待つものではなく、自分からつかみに行くもの。自ら足を運んで縁を結び、神様や仏様のご加護をもらうことは開運と良縁に繋がります。

もう迷わない!寺社のマナーや行動いろいろ

ここでふと、疑問に感じることはありませんか?よく考えてみると、「わからないことや知らないこと」も多いのが寺社についてや参拝のマナー。

「そもそも神社、お寺とは?参拝方法は?」
「参拝するには、どこに行ってどうすればいいんだろう?」

本日は、あなたのハテナを解決するべく、華先生の特集記事からおをダイジェストでお届けします。

あなたの疑問をクリアに。知っておきたい!寺社マナー

 

 

 

  1. Q. 神社やお寺を訪れる前に気をつけることは?
    A. 前日はお風呂で身を清める
    神社やお寺に行くということは、そこに祀られている神様・仏様に会いに行くということ。
    前日、もしくは当日の朝でもいいので、入浴して身を清めてから訪れるようにしましょう。シャワーだけはNG。しっかりとお湯を張った湯船に身体を浸からせることは、「禊(みそぎ)」の役割になります。
  2. Q. どこの寺社に行けばいいかわからない
    A. 近所の氏神様から始めよう
    いきなりわざわざ遠方の有名な神社まで足を運ぶ必要はありません。
    家の近所や通勤途中の道で見かける小さな神社だって、立派な氏神様です。まずはそういった身近な寺社仏閣へお参りするところから始めてみましょう。自分の目で見て、その場の空気に触れて、しっくりくる感覚があれば、そこがあなたにとって相性のいいパワースポットなのです。

特集記事:その他のお役立ちトピック

【特集内容1】寺社マナーいろいろ

  • そもそも神社とお寺の違いとは?
  • 神社や仏閣を訪れる際のファッションについて
  • 神仏の声はどうすればキャッチすることができる?
  • どんなふうに参拝すればいいの?

【特集内容2】毎日の暮らしの中でもっと開運「ハッピー行動習慣」

  • 今すぐ始められる開運テクニックいろいろ
  • 運を味方につけるためのグッズやデイリー行動
  • いつでもお家の中でできる開運ポイント

⇒特集記事「幸せを掴んで開運体質になる!」はこちらから

この華先生監修のスペシャル記事をじっくり読むだけで、いろんなハテナが解消すること間違いなし。
すぐ取り入れられる運気UPのテクニックが満載です。
年末年始はもちろん、一年を通して役立つこの特集記事をぜひ参考になさってくださいね。

この無料占いの監修:NO.65 華先生(はな)
65_華
使用占術:インスピレーション占い
得意な相談内容:人生相談・離婚、恋愛、健康

「未来は選択次第でいかようにも変わります。一緒に相談しながら一歩一歩進めていきましょう。」

自身のインスピレーション重視で占っていく華先生。
お客さまにとっていいことも悪いことも、つつみ隠さず感じたまま伝えるというストレートな鑑定スタイルが好評です。「心をひらいてご相談いただいた方が占いやすいです」とのことなので、ぜひ構えず相談してみては?