「どのように鑑定されていますか?」占い師インタビュー

クォーレで人気の先生たちに、鑑定時のスタイルや占いの準備、大事にしていることなどを教えてもらいました。

占うときに必ずおこなっていることとは?
先生たちの、占いへの深く熱い想いとは?

それぞれの占い師が持つこだわりやオリジナリティ。
本日は、先生の魅力がたっぷり詰まったインタビューから、”鑑定スタイルについて”をお届けします。

★クォーレの先生に聞く「占いスタイル」

NO.93 ヴィオリス先生
使用占術:タロット占い(インスピレーション)、西洋占星術、数秘術、ルーン占い
得意な相談内容:恋愛・結婚、仕事・適職、人間関係

───現在はタロット占いで鑑定を行っているのでしょうか?

私はタロットリーダーですから、タロット占いを主として行っています。
タロットは今の相談者さまの状況、気持ち、相手に焦点を当てる占いですから、白か黒かといったことを知りたいときに適しているんです。電話鑑定でもカード選びはお客様自身にしていただきます。また合わせて、その方が生まれ持っている性格や本質、過去・現在・未来は西洋占星術や数秘術からアドバイスさせていただきます。


NO.88 桜 麗先生(さくられい)
使用占術:タロット占い(インスピレーション)、算命学、手相占い、宿曜占星術、九星気学
得意な相談内容:恋愛、結婚、人間関係

───桜先生はタロットから宿曜占星術まで、東西の占術を幅広くカバーされていますね。

相手の気持ちを知りたいときはタロットが、その人のバイオリズムや気質を見るときは算命学や九星気学、と使い分けています。お客様から寄せられるお悩みで多いのは、やはり恋愛や人との接し方についてですね。70代のお客様から恋の悩み相談をお受けすることも。今の時代、皆さんおいくつになっても恋していますから。


NO.155 トパーズ先生
使用占術:タロット占い(インスピレーション)、数秘術
得意な相談内容:親子・育児、人に話しづらい恋愛、人間関係

───鑑定する側になったことで、見えてきたことはありますか。

占いって「こっちの方向が良さそうだよ」というのを教えてくれるものだと思うんです。
あなたは悪い風に勘違いしているけれど、相手はそんなつもりで言ってるんじゃない、本当はそうじゃないんですよ、ということもカードは教えてくれるから。感受性が鋭い、繊細な人ほどそういうことで悩んでしまうんだな、ということはすごく実感しますね。

占いへの深い想いからプライベート情報までクォーレで人気の先生たちの魅力がたっぷり。
⇒無料占い・インタビューページ「FACE」ぜひご覧になってくださいね。