『占い師のお薬!?』【20虹尾太陽先生】

本日お届けするのは、虹尾太陽先生からのお便りです。
いつもヘルシーで美しくありたい!と常に望んではいるものの……疲れを感じたときやなんとなく口寂しいとき「ついつい食べすぎてしまう」という悩みを抱える方は多いのでは?今回、虹尾先生が教えてくれたのは「とっても身近にあるもので食べ過ぎセーブ」そんな超簡単に実行できるうれしいテクニック。ぜひお試しあれ♪

NO.20  虹尾 太陽先生(にじおたいよう)

お客様の大切な時間を有意義に使いましょう!どうぞリラックスしてお話しください。じっくりと耳を傾けるのが私のスタイルです。話しにくい事でも大丈夫。声が低いけれどビビらないでね(笑)

虹尾 太陽先生からのお便り紹介

『占い師のお薬!?』

とある有名霊能者さんが、『自分がふくよかなのは憑依体質だから』とおっしゃっていたのをご存知でしょうか。

実際、占い師の悩みのひとつに『肥満』があるのも事実です。
特に電話占いの場合は、通勤せずに自宅で待機ですから、運動不足になるのも当然ですが(汗)

有名霊能者さんのコメントはさておき、占いの仕事というものは、脳みそをかなり使うんですよね。
ですから鑑定が終わると、ドカ食いしてしまうことも。
私もご多分に漏れず、同じ悩みを抱えていました。

そんな中、魔女でもある先輩占い師さんから教わったのが、この『お薬』。

なんのことはない、ただのラムネなんですが、ポイントはブドウ糖にあります。

皆さんも既にご存知かと思いますが、脳の疲労にはブドウ糖が効くと言われています。
『ちょっとシャッキリさせたいな』という時に一粒。
それからは鑑定後にドカ食いすることもなくなりました。

面白いことに昔の魔女術では、『あの世』にいったきり、戻ってこれなくなったら、ひとかけらのチョコレートか角砂糖、あるいはココアを口にしろ、と言われていたそうです。
チョコレートもココアも、そのカカオ成分が脳の活性化を促す、と最近になって健康食品としても見直されてきましたよね。

中世の魔女たちの経験から学んだことが、現代になって証明されるとは興味深いですね。

虹尾 太陽先生のINFORMATION

使用占術:タロット占い(インスピレーション)、四柱推命、西洋占星術
得意な相談内容:恋愛、人間関係、トラウマ

おすすめ相談内容PICK UP【トラウマ】
トラウマは必ずしも悪いものではありません。癒しのタイミングが訪れたからこそ、表面化する場合もあります。タロットはあなたを手助け・応援をしますが、実は癒しのパワーを持っているのはあなた自身なのです!!ぜひ勇気を出して一歩をふみ出しましょう。簡単なイメージワークもお教えしますよ☆